docomo iPhone6/6Plusの本体機能を理解しよう

 

iPhone6にはボタンやスイッチが全部で5つしかありませんが、どのボタンが何の役割かを覚えておきましょう。

電源

 

iPhone6の電源を完全に切るとき

 

1・電源オン/オフボタンを長押し

映画やコンサート会場などでは、携帯電話の電源をきるように求められます。iPhone6の電源を切るには、まず右側面の「電源オン/オフ(スリープ/スリープ解除)」ボタンを長押しします。

 

2・「スライドで電源オフ」を右にスワイプ

この画面に変わったら、「スライドで電源オフ」の「電源マーク」を右にスワイプしましょう。これでiPhoneの電源が切れます。

 

スポンサーリンク






iPhone6の電源を入れるには

 

1・電源オン/オフボタンを長押し

iPhone6の電源を入れ直すときは、右側面の「電源オン/オフ(スリープ/スリープ解除)」ボタンを長押しします。

 

2・iPhone6の電源は入る

Apple社のマークが表示されたあと、しばらく待つとiPhoneの電源が入り、使用できる状態になります。

 

 

iPhone6をスリープ状態に移行する

右側面の「電源オン/オフ(スリープ/スリープ解除)」ボタンを1回押すと、画面が消灯してスリープ状態に移行します。スリープ状態でも電話やメールなどの着信があれば画面が点灯し、通知が表示されます。

 

 

スリープを解除する

iPhone6のスリープを解除するときは、「電源オン/オフ(スリープ/スリープ解除)」ボタンか、ホームボタンを1回押します。

 

音量を調節する

 

1・ホーム画面表示中の音量ボタンを押す

ホーム画面を表示している状態で左側面の音量ボタンを押すと、着信音や通知音の音量を調節できます。

 

2・音楽や動画の再生中に音量ボタンを押す

音楽や動画を再生しているときに音量ボタンを押すと、その再生音量を調節できます。音楽再生中で画面は消灯している状態でも、音量ボタンで調整可能です。

 

 

マナーモードに移行する

電車の中など、iPhone6の着信音などが鳴っては困る場所では、左側面の「サウンドオン/オフ」スイッチを左(背面側)に動かしてオレンジを表示します。これでiPhoneはマナーモードに移行し、電話やメールの着信があっても音が鳴らなくなります。