【iPhone X】QRコードが読み取れない

iPhoneはこれまでは、サードパーティ製アプリが必須だったQRコードの読み取りが、標準カメラで可能になりました。

別段切り替えの必要もなく、設定でQRコードスキャンをオンにするだけでOKです。

例えばウェブサイトのQRコードなら、そのページの名前が現れ、タップするとSafariで閲覧することできます。

POINT!QRコードを有効にする

QRコードを読み取るには、設定の「カメラ」で「QRコードをスキャン」をオンにしなくてはなりません。

通常カメラでOK

普通の撮影と同じく、カメラでQRコードを写します。

タップすると、そこにヒントがあります。

自動で読み込む

丈夫にQRコードを読み込んだ通知が現れます。

ストアのアプリなど、自動的に種別も判定してくれます。

QRコード読み取りの通知を消すには、通知を上にスワイプするか、ホームボタンをクリックします。

試してみると実にかんたんにQRコードを読み取ることができます。

これまでスキャン専用アプリを使っていた人も、今後は標準機能だけで十分と感じることが多いでしょう。QRコードを読み取るだけのシンプルな機能ですが、目的はしっかり果たせますし、広告が表示されることもありません。

何より、普段使い慣れているカメラを起動してかざすだけでQRコードを読み取れる点が、ほかに代えられない利便性を実現しています。ちなみに、QRコードを読み取った状態でも写真を撮影できます。

QRコードの読み取り機能をオフにする方法

iOS 11のQRコードの読み取り機能は、初期状態でオンになっています。何かの理由で機能を無効にしたいときは、「設定」アプリ→カメラを開いてQRコードをスキャンをオフにします。