タッチ操作の種類を理解しよう【docomo iPhone6/6Plus】

iPhoneタップ

iPhoneの操作は、そのほとんどを画面に触れて行います。タッチ操作にはさまざまな指の動かし方があります。

 

1・画面上を指でアプリを起動

画面上を指で軽く叩くように1回だけ触れる操作を「タップ」といいます。タップはiPhoneでもっともよく使う操作で、主にアプリの起動、文字の入力、項目の選択といった場面に用います。

 

2・2回タップの「ダブルタップ」

画面の同じ場所を2回続けてすばやくタップする操作を「ダブルタップ」といいます。これは主に画面の拡大に用いる操作で、たとえばWebページや写真の閲覧中に部分拡大を行いたいときにつかいます。

 

画面で指を滑らせる「スワイプ」

画面に置いた指を任意の方向にすべらせる操作を「スワイプ」といい、たとえば写真閲覧時に、表示する写真を切り替えたいときなどにつかいます。なお、iPhoneのロック画面などに「スライド」と表示されることがありますが、これもスワイプと同じ操作です。






画面を指ではじく「フリック」

スワイプよりも勢いを付けて、おはじきのように画面上を指ではじく操作を「フリック」といいます。これは、テンキーキーボードでの文字入力(フリック入力)などに用います。また、一部のゲームアプリでは、フリックの強弱を加減しながら遊ぶものもあります。

 

同じところに触れ続ける「ロングタッチ」

画面上の一点を長く押さえ続ける操作を「ロングタッチ」といいます。これは、たとえばWebページ上の文章から一部を範囲選択するときなどに用います。

 

指を置いたまま動かす「ドラック」

画面から指を話さず、そのまま任意の方向に動かす操作を「ドラッグ」といいます。ドラッグは、画面上のアイテムをひきずって動かすときに用います。

 

2本の指で拡大・縮小する「ピンチイン」「ピンチアウト」

2本の指を同時に使う操作もあります。たとえば、2本の指で画面に触れ、その指と指の間隔を広げると「ピンチアウト」狭めると「ピンチイン」という操作になります。これらは、表示している写真や地図など拡大・縮小するときに用います。

 

ホームボタンをダブルタップで「スワイプジェスチャー」

iPhone6とiPhone6Plusは従来のiPhoneよりも画面サイズが大きくなったため、片手で持って操作するとき、親指が画面の上部まで届かず、操作しにくいという難点があります。そこで新たに搭載されたのが「スワイプジェスチャー」です。iPhoneのホームボタンをダブルタップする(ボタンを押し込まずに軽く2回触れる)と、そのまま操作できます。ホームボタンをもう一度だぶるタップすると、元の画面に戻ります。