iPadやMacを使ってiPhone6sにかかってきた電話を受ける

スクリーンショット 2015-11-01 1.45.01

同じWi-Fi、同じAppleID、iOS8以上が条件

iPhoneに電話がかかってきたけど、iPhoneは別の部屋で充電中で、その代わり手元には作業中のiPadやMacがある・・・という場合は、かかってきた電話をiPadやMacで受けることができる。

 

これはFaceTimeの機能の1つだが、利用するにはいくつか条件が必要だ。まず、iPhoneとiPadはiOS8以降、MacはOS X Yosemite以降がインストールされていること。次にそれぞれのデバイスが同じWi-Fiネットワークに接続されていること。

 

 

あとは各デバイスが同じWi-Fiネットワークに接続されていること。あとは各デバイスで同じAppleIDを使って、iCloudとFaceTimeにサインインしている必要がある。また、iPadの場合は設定の「FaceTime」で「iPhoneから通話」がオンに、Macの場合はFaceTimeの「環境設定」→「iPhoneセルラー通話」にチェックが入っていることを確認しよう。

 

 

以上の条件が整っていれば、iPhoneに電話がかかってきた時に、iPadでも着信音がなるはずだ。応答すればそのまま通話できるほか、「後で通知」や「メッセージ」の操作も可能だ。

 

 

またiPhoneに持ち替えて、通話を引く継ぐこともできる。ただしこの機能が有効だと、Wi-Fi接続中は常にiPhoneとipadで二重に着信音がなってしまう。特にipadやMacで電話を受けるつもりがないなら、FaceTimeの設定で、「iPhoneから通話」「iPhoneセルラー通話」をそれぞれオフにしておこう。






手順

①iPhone側で準備

iPhone側では、設定でiCloudとFaceTimeへのサインを済ませておき、Wi-Fiにも接続しておく。

 

 

②iPhoneと同じWi-Fiに接続する

ipadの場合は、iOS 8以上がインストールされた端末で、iPhoneと同じWi-Fiネットワークに接続しておく。

 

 

③iCloudとFaceTimeにサインイン

また、iPhoneと同じAppleIDで、iCloudとFaceTimeにサインインしておく。FaceTimeの設定では、「iPhoneから通話」がオンになっていることも確認。

 

 

ipadでiPhoneの電話を受ける

①ipadでもiPhoneの着信音が通知される

以上の設定で済んでいれば、iPhoneに電話がかかってきた時に、ipad側でも着信音が鳴る。「後で通知」「メッセージ」の操作も可能だ。

 

 

②ipadで通話中の画面

かかってきた電話に応答するとこの画面が現れる。「スピーカー」をオンにしてハンズフリーで通話しよう。