【iPhone6s/6sPlus】テザリング機能でパソコンやタブレットをネット接続しよう

iPhoneを使って他の外部端末をネット接続できる

iPhoneのモバイルデータ通信を使って、外部機器をインターネットすつ族することができる「テザリング」機能。ゲーム機やパソコン、タブレットなど、Wi-Fi以外の通信手段を持たないデバイスでも手軽にネット接続できるようになるので便利だ。キャリアごとにあらかじめ申し込みを済ませておけば、利用手順はいたって簡単。iPhoneの「設定」から「インターネット共有」をオンにし、外部機器をWi-FiやBluetoothで接続するだけ。USBポートを備える機器であればUSBケーブル経由で接続することも可能だ。

1・インターネット共有をオンにする

iPhoneでテザリングを有効にする場合は、「設定」→「インターネット共有」をタプし、さらに「インターネット共有」をオンにする。

2・外部機器とテザリング接続する

あとは、iPhoneと外部機器をWi-Fi、Bluetooth、USBケーブルのいずれかで接続。外部機器側の接続設定を行えばテザリングが開始される。

 

Point!iPadとテザリングはもっと簡単に行える

iPadからiPhoneにテザリング接続する場合は、より簡単に接続できる。iPad側で「設定」→「Wi-Fi」を開き、接続したい端末名を選ぶだけだ。ただし、両端末とも同じAppleIDでiCloudにサインインしており、Bluetoothがオンになっていることが条件となっている。