【iPhone6s/6splus】ロック中のセキュリティを強化

パスコードやTouch IDでロックを施しておけば、他人がiPhoneを自由に操作することはできないが、解除前のロック画面からでも一部の操作やデータへのアクセスが可能だ。たとえば、Siriに話しかけて連絡先を表示したり、メッセージを送信したり、通知センターで予定やメール、メッセージの一部を確認したりなどができる。より強力なセキュリティを確保したいなら、ここで紹介する設定ポイントをチェックしておこう。

 

「設定」→「Touch IDとパスコード」の「ロック中にアクセスを許可」欄の「Siri」をオフにしておこう。その他にロック画面でアクセスさせたくない項目があればオフにしておく

 

「設定」→「通知」で書くアプリの通知設定画面を表示。着信時にプレビューが表示されたくないなら、「ロック画面に表示」や「プレビューを表示」をオフにしよう。必要なら「通知センターに表示」をオフにしておく。

 

Appスイッチャーで複数の履歴をまとめて削除

 

ホームボタンを2回連続で押すと、Appスイッチャー画面が表示される。ここでは、過去に利用したアプリの一覧が表示され、それぞれの画面をタップすることで各アプリを切り替えることが可能だ。また、表示されている各画面を上にスライドすることで、各アプリを履歴から消すことができる。この時、3本指でそれぞれの画面を上にスライドすれば、3つのアプリを同時に消すことができるので覚えておこう。