【iPhone6s/6sPlus】かかってきた電話の着信音を即座に消す方法

電車のなかや会議中など、電話にでれない状況で着信があった場合、サイレントモードにしていないとしばらく着信音が鳴り響いてしまう。すばやく着信音を消したい場合は、スリープ(電源)ボタンもしくは音量ボタンのどちらかを一度押してみよう。即座に着信音が消え、バイブレーションもオフになるはずだ。なお、この状態では着信音を拒否したわけではないので、そのまましばらく待っていれば自動的に留守番電話に転送される。ちなみに、すぐ留守番電話に転送したい場合はスリープボタンを2回おせばいい。

 

意外と忘れやすい自分の電話番号を確認する方法

iPhoneで自分の電話番号を調べるには、2つの方法が存在する。ひとつは、電話アプリの「連絡先」タブを開き、画面を下にスワイプしてリストの最上段で「自分の番号」を表示する方法。連絡先アプリではなく、電話アプリから連絡先を開かないと自分の電話番号が表示されないので注意しよう。もうひとつは、「設定」→「電話」で「自分の番号」を確認する方法だ。電話番号がすぐ思い出せないときに試してみよう。

 

必要な設定メニューを検索して呼び出す

iOSはバージョンアップごとにさまざまな機能が追加されており、その影響で「設定」アプリの項目も膨大になりつつある。iPhone初心者の中には、「設定したい項目があるのに、どこから探せばいいのかわからない」といった状況に陥った人も多いはずだ。そんな場合は、設定項目をキーワード検索してみよう。該当する設定項目が表示されるので、項目名をタップ。これで目的の設定項目がすぐに呼び出せるのだ。

 

簡易アクセス機能で画面を親指方向へ引き寄せる

iPhone6s/6sPlusは、端末サイズが比較的大きいため、片手持ちだと操作しづらい状況が発生する。そこで利用したいのが「簡易アクセス」と呼ばれる機能。ホームボタンをダブルタップすると画面全体が下に引き寄せられ、画面上部に表示されていたボタンやアイコンなどの、すぐ指が届くようになるのだ。本機能は、iOSのh−む画面や各種アプリの画面など、そんな画面でも使える。うまく使いこなすと、片手操作時のストレスを軽減できるだろう。