【iPhone6s/6sPlus】3D Touchの色々な 使い方

3D Touchの色々な 使い方を体得する 感圧タッチ対応で 「プレス」手順が 新たに加わった。

 

新しく登場したiPhone 6s で、何よりも注目が集まる新機能 の1つは3D Touchだろ う。

 

液品ディスブレイ部分に感 圧センサーが搭載され、画面 タッチ時に、押す強さまで感知 することができるようになった。

 

これにより、プレス(画面を強く プッシュ)と言われる真新しい操作 方法も加わっている。 たとえば、メールアプリ の一覧画面から把握したい メールをプレスしてみよう。

 

す ると、ボップアッフでメー ル内訳の一部を調べられるはず です。さらには画面をプレスしたら 全画面表示に切り替わり、関連 するアプリで細かい内容が表示 される。

 

なお、プレス操作で内 容が一部分表示される状況を (ピーク(Peek)、さらにはプレ スして関連アブリが起動した状 態を「ボップ(Pop)と呼ぶ ことから覚えることがたくさんある。

 

また、ホーム画面でアプリアイコンをプレスを行うことで、「クイッ クアクション」が呼び出され、 アブリ内の機能を直接起動することが可能だ。

 

また、ホーム画 面の左端箇所をプレスしてから 右にスワイプすると、Appス イッチヤー画面に切り替えるこ とが可能だ。

 

これらの各種ブレス操作は、現在iOS 9やいくつかの標準 アブリですでに対応しているが、 今後についてはサードバーティを含めた 多様なアプリが進 んでいくはずだ。

 

効率よく使用すると より使いやすい操作が可能になる ので、早々にチャレンジしてみよう。