docomo iPhone6/6Plusのセキュリティ対策

 

セキュリティ

 

 

iPhoneの紛失に備えた設定をしておこう!

 

iPhone6を使っているとメールや連絡先など個人情報が蓄積されていくので、紛失したときの被害は計り知れません。こうしたリスクを少しでも減らすにはセキュリティ対策が必要です。

 

iPhoneには、搭載しているGPSを使って紛失したiPhone6がどこにあるか知らせる機能が搭載されています。紛失したiPhoneの存在を知らせる為に、iPhoneからサウンドを鳴らしたりメッセージを表示する機能もあります。

 

最悪の場合に備えてiPhone6上のすべてのデータを消去することも可能です。こうした機能を使うには、iCloudサービスが提供する「iPhoneを探す」設定がオンになっている必要があります。この点を確認しておきましょう。

 

1・iPhoneのセットアップ時にiCloudを使う選択をしていれば、iPhoneを探す機能は自動的にオンになっています。

 

2・iPhoneを探す機能がオンになっているかは、「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」で確認できます。

 

3・「最後の位置情報を送信」をオンにしておくと、バッテリー残量が非常に少なくなったとき、iPhoneの位置情報を自動的にアップルのiCloudサービスに送信しておいてくれます。

 

4・「iPhoneを探す」がオンになっていると、iTunesから復元できないほか、iPhoneをリセットしようとしてもApple IDのパスワードを要求されます。紛失したiPhoneを拾った人が勝手に初期化できません。

 

5・iPhone6で「iPhoneを探す」を無効にしようとしてもApple IDのパスワードがわからないとオフにできません。