docomo iphone6/6Plusのデータをバックアップする方法

 

バックアップ

 

不慮のトラブルdiPhone6の写真や「連絡先」など重要なデータを失わないよう、バックアップを実践しておきましょう。

 

「iTunes」でパソコンにバックアップする

 

1・「iPhone」をクリック

iPhone6内のデータをパソコンにバックアップできます。iPhone6をパソコンと接続したら、「iTunes」で「iPhone」をクリックします。「iTunes」のダウンロードは、パソコンから音楽や動画を転送する方法を参照してください。

 

2・「今すぐバックアップ」する

「今すぐバックアップ」ボタンをクリックすると、バックアップを開始できます。なお、「このコンピュータ」を選択しておけば、パソコンとiPhoneを接続するたびに自動でバックアップしtれくれます。バックアップ最中は、パソコンとiPhoneの接続を解除しないでください。

 

「iTunes」のバックアップからiPhoneを復元する

 

1・「iPhoneを探す」をオフにしておく

「iTunes」でバックアップしたデータからiPhoneを復元する際は、先にiPhone6の「iPhoneを探す」をオフにする必要があります。「設定」→「iCloud」の順にタップし、「iPhoneを探す」をタップします。

 

2・「iPhoneを探す」のスイッチをオフに

「iPhoneを探す」のスイッチをタップしてオフ(白)に切り替えます。Apple IDのパスワードが要求されるので、これを入力して「オフにする」をタップします。

 

3・バックアップから復元

パソコンとiPhoneを接続し、「iTunes」で「バックアップを復元」をクリックします。復元するバックアップを選択しますが、iPhoneを1台だけ使っていり場合はバックアップも1つなので、そのまま「復元」をクリックします。

 

4・iPhoneでApple IDのパスワードを入力

復元が完了すると、iPhoneにはセットアップ時と同じような画面が表示されますが、必要な作業はApple IDのパスワードを入力するくらいで、各種データや設定はすでに復元されています。これが済むと、バックアップ時と同じ状態でiPhone6が使えるようになります。

 

iCloudにバックアップを保存する場合

 

1・「設定」→「iCloud」から

アップルのクラウドサービス「iCloud」にiPhoneのバックアップを保存するには、まず「設定」→「iCloud」に順にタップし、この画面で「バックアップ」をタップします。

 

2・「今すぐバックアップを作成」

「iCloudバックアップ」のスイッチがオン(緑)になっていることを確認します。iCloudへのバックアップは、このiPhoneが電源に接続され、なおかつWi-Fiに接続されている状態のとき、自動的に行われます。すぐにバックアップしたいときは「今すぐバックアップを作成」をタップします。

 

3・バックアップが実行される

「今すぐバックアップを作成」をタップした場合は、iPhoneの写真や「連絡先」、個別アプリのデータなどがiCloudにバックアップされます。