docomo iPhone6/6Plusカメラで写真を撮影する方法

 

カメラ

 

iPhone6はカメラ性能の高さに定評がありますが、今度のiPhone6/6Plusでは画質も機能も一段と向上しています。

 

「カメラ」アプリの起動方法は3通り

 

1・ホーム画面から起動

iPhone6でカメラを起動し、写真を撮るには、ホーム画面の「カメラ」アプリをタップします。

 

2・ロック画面から直接起動

ホーム画面を介さずとも、ロック画面からカメラを起動することもできます。それには、ロック画面の右下にある「カメラ」アイコンのところを上にスワイプします。

 

3・コントロールセンターからも起動できる

画面の一番下から上にスワイプし、表示されるコントロールセンターの中にも「カメラ」アイコンがあり、これをタップしてカメラを起動できます。

 

基本的な写真の撮り方

 

1・構図を決めてシャッターを切る

撮影モードを「写真」にした状態で、被写体を画面内に収めたら「シャッターボタン」をタップすると写真が撮影されます。

 

2・ズーム機能を使う

画面上の被写体をピンチアウトすると、ズームで被写体に寄った状態で写真を撮ることができます。

 

3・焦点を合わせて撮る

うまく焦点が合わないときは、画面上の被写体をタップしましょう。タップしたところに「◻️」が表示され、そこに焦点が合います。

 

4・露出を補正して撮る

画面上をタップすると、「◻️」の右に • が現れます。これを上下にスワイプすることで露出補正ができます。

 

POINT!音量ボタンでもシャッターを切れる

「カメラ」アプリの使用中は、iPhone6の左側面にある音量ボタン(どちらでも可)を押してもシャッターを切ることができます。iPhone6を横向きに持てば、一般のデジカメで写真を撮るのと同じように構えることができるので、手ブレを抑えやすくなります。

 

「HDR」を使って撮影する

 

1・「HDRを「オン」に

「HDR」とは、1回の撮影で露出を3段階で変えながら写真を撮り、それをデジタル合成するという機能です。

 

2・HDRを使って撮った写真

HDRを使って撮影すると、明るい部分の白飛びや暗い部分の黒つぶれが抑えられ、実際に目で見たものに近い写真に仕上がります。

 

「バーストモード」で連写する

 

1・シャッターボタンをロングタッチ

「シャッターボタン」をタップするのではなく、ロングタッチで指を離さずにおくと「バーストモード」になり、写真を立て続けに連写します。

 

2・指を離すと連写が終わる

「シャッターボタン」の上に表示される数字は、バーストモードで撮影された写真の枚数です。「シャッターボタン」から指を離せば連写が止まります。

 

POINT!「スクエア」モードとは?

撮影モードの「スクエア」では、真四角の写真を撮ることができます。撮影方法は通常の「写真」モードと同じです。

 

パノラマ写真を撮影する

 

1・撮影モードを「パノラマ」に

「パノラマ」モードでは、通常の撮影では収まりきらないような全景写真を撮ることができます。まず撮影モードを「パノラマ」に切り替え、「シャッターボタン」をタップします。

 

2・iPhone6を右に動かす

パノラマ撮影がスタートしたら、iPhone自体をそのまま右方向にゆっくり動かします。撮影中にiPhone6をなるべく上下させないことがコツです。

 

セルフタイマー

 

1・「3秒」か「10秒」を選択

「セルフタイマー」をタップし、「3秒」か「10秒」のどちらかをタップしてから「シャッターボタン」をタップします。

 

2・カウントダウンが始まる

先ほど設定した数秒でカウントダウンが始まり、0秒になると撮影が実行されます。

 

3・バーストモードで撮影される

セルフタイマーを使った場合は自動的にバーストモードとなり、10枚程度の写真が撮影されます。