docomo iPhone6/6Plus でメールを送受信する方法

 

iPhone6では、ドコモメールもプロバイダーのメールも「メール」アプリで送受信できるようになっています。

 

受信したメールを読む

 

1・「メール」アイコンをタップ

自分のiPhone6にメールが届くと通知音で知らせます。ホーム画面で「メール」アイコンをタップします。アイコンの右上にある数字は未開封メールの数です。

 

2・「全受信」をタップ

「全受信」をタップすると、そのiPhone6に登録されているすべてのアカウントの受信メールが表示されます。

 

3・読みたいメールをタップ

受信したメールが一覧で表示されるので、開きたいメールをタップします。未開封のメールには頭に青色の丸が付いています。

 

4・メールの内容が表示される

そのメールの本文が表示されます。このメールに対して返信を出したいときは、画面下の矢印マークをタップします。

 

5・「返信」をタップ

この画面で「返信」をタップします。

 

6・返事を入力して「送信」

返事のメッセージを入力し、右上の「送信」をタップしると、このメールが相手に送信されます。

 

スポンサーリンク






自分から新規でメールを送信するには

 

1・右下のペンパークをタップ

自分から誰かにメールを送りたいときは、「メール」アプリ画面の右下にあるペンマークをタップします。

 

2・宛先を指定する

「宛先」の相手のメールアドレスを直接入力するか、「連絡先」に登録済みの相手なら+をタップして送り先を指定することもできます。

 

3・送る相手をタップ

+をタップして「連絡先」を呼び出した場合は、一覧からメールを送る相手の名前をタップします。

 

4・本文を入力して「送信」

「件名」を入力し、その下の空欄に本文を入力したら、最後に右上の「送信」をタップしましょう。

 

POINT!メールに写真を添付して送りたい時は

写真を添付したメールを送るときは、「写真」アプリから操作します。「メール」アプリから写真の添付ができません。まず「写真」アプリを開き、メールに添付したい写真を表示させた状態で画面左下の「共有」マークををタップします。

 

次に「メールで送信」をタップすると、この写真が添付された「新規メッセージ」画面が表示されるので、あとは通常のメールと同じく宛先や本文を入力して送信します。

 

メールを整理するには

 

1・削除するには

重要なメールにフラグ(しるし)を付けたり、不要なメールを削除したいときは、受信メールの一覧でそのメールを左にスアイプします。

 

2・目的の操作をタップする

そのメールの右側に3つの項目が現れます。このメールを削除するときは「ゴミ箱」を、フラグに付けるなら「フラグ」をタップします。

 

3・未開封の戻すこともできる

メール一覧で右にスワイプすると、「未開封」という項目が現れ、これをタップすすと一度開いたメールでも未開封筐体に戻すことができます。

 

複数のメールを一括削除するには

 

1・メール一覧で「編集」をタップ

不要なメールをまとめて削除したいときは、メール一覧の画面で右上の「編集」をタップします。

 

2・不要なメールにチェックを付ける

メールの件名の頭に「◯」が表示されるので、不要なメールの「◯」をすべてタップしてチェックをつけ、最後に右下の「ゴミ箱」をタップしましょう。

 

3・メールが削除された

先ほど指定した複数のメールがもとめて削除されます。

 

 

メールの内容を「カレンダー」のイベントに登録する

 

1・メール文面の日時をタップ

何かのイベントに関するメールで、文面に日時が書かれていると、その部分が下線付きの青色表示になります。まずここをタップします。

 

2・「イベントを作成」をタップ

サブメニューが表示されたら「イベントを作成」をタップします。

 

3・メールの内容が「新規イベント」に反映される

すると「カレンダー」アプリの「新規イベント」画面が開きます。ここには、メールに記載されていた日時が「開始」時刻として自動で反映されているほか、メールにあった住所もすでに入っています。

 

4・「予定出席者」をタップ

他の人にこのイベントへ参加を呼びかけることもできます。まず「予定出席者」をタップします。

 

5・+から相手を追加

+をタップして「連絡先」を呼び出し、このイベントへの参加を呼びかけたい相手を追加したら、右上の「完了」をタップします。ここに登録した相手にはiCloudから自動配信メールが届きます。

 

6・最後に「追加」をタップ

「新規イベント」画面に戻ったら、最後に右上の「追加」をタップすると、このイベント内容が「カレンダー」アプリに登録されます。