docomo iPhone6/6Plus コントロールセンターを使おう

 

コントロールセンター



iPhoneの各種設定は「設定」から変更できますが、コントロールセンターを使えばワンタッチで切り替えられます。

 

コントロールセンターを使うと便利なケース

 

1・コントロールセンターを表示する

画面の下端から上に向かってスワイプすると、コントロールセンターが現れます。

 

2・機内モードのオン/オフ

「機内モード」は電話回線やWi-Fiなどの通信を無効にし、飛行機などでも安全にiPhoneを使うための機能です。ここでオン/オフを設定できます。

 

3・Wi-Fiをオフにする

「Wi-Fi」ボタンでWi-Fi接続のオンとオフを切り替えられます、速度の遅い公衆無線LANに繋がってしまったときは一度オフにしてみましょう。

 

4・Bluetoothのオン/オフ

Bluetoothのオン・オフもコントロールセンターから行えます。

 

5・おやすみモード

電話やメールの着信を鳴らさないようにする「おやすみモード」をオン・オフできます。この設定については「設定」から行えます。

 

6・画面の向きをロックする

iPhoneには縦横の位置を検知して直面の向きを切り替える機能がありますが、不要な時は向きをロックできます。

 

7・AirPlayの接続先を変更

AirMac Expressにつないだスピーカーや、Apple TVでiPhoneの音楽を再生したいとき、AirPlayボタンで素早く接続を指定できます。

 

8・AirDropの対象を設定

コントロールセンターでは、AirDropの対象をワンタッチで切り替えられます。AirDropとは近距離のデバイス同士で、ワイヤレスでデータを共有できる機能のことです。

 

9・その他の操作

このほか「コントロールセンター」ではさまざまな操作を行えます。「LEDフラッシュ」ボタンをタップすると、背面にあるLEDフラッシュを点灯したままにして、iPhoneを懐中電灯代わりに使えます。

 

POINT!誤操作してしまうときは

何らかのアプリを使っていると、思いがけずコントロールセンターを表示してしまい、操作のジャマになることがあいます。こうした誤操作を防ぐには「設定」の「コントロールセンター」にある「App内でのアクセス」のスイッチをオフにしてみましょう。ホーム画面やロック画面でしかコントロールセンターを出せなくなります。